家づくり勉強会

家づくりの資料プレゼント

TRECOUPE design atelier(トレクープ デザイン アトリエ)

介護保険による住宅改修

介護保険被保険者(介護・高齢者福祉 厚生労働省)

 

が自立や介護をしやすい生活環境を整えるため、次の小規模

な住宅改修をすることができます。

 

①手すりの取り付け

 

②段差の解消

 

③滑りの防止、移動の円滑化などのため

  の床または通路面の材料の変更

 

④引き戸などへの扉の取り替え

 

⑤洋式便器などへの便器の取り替え

 

⑥その他①から⑤の住宅改修に付帯して

  必要となる住宅改修

 

事前に申請が必要ですので、工事を始める前に、介護保険の

 対象となるかどうかを、ケアマネージャーまたはお住まいの区の

 保険福祉センターの介護保険の窓口で相談してください。

 

大阪市では、福祉用具の購入や住宅改修について利用者

の一時的な負担を解消するため、利用の際、利用者は支給

対象となる費用(支給限度額内)の1割を負担し、保険給付

の9割分は市が発行する給付券で直接事業者に支払う

「給付券方式」を導入しています。                  (大阪市資料抜粋)

 

長々なりましたが、ようは、介護保険被保険者については

 

事前の申請が必要ですが、1割の費用負担で、上記の工事ができる

 

とゆう事です。

 

宝工務店 でも申請から対応しています。

 

もちろん、健常者の方が、手摺を1本つけるとゆうのも宝工務店 ではokです。

 

先日もお客様の御依頼を受け、手摺をこの住宅改修制度で

 

取付てまいりました。
タカラのオヤジのブログ-大阪の工務店 タカラのオヤジのブログ-大阪の工務店 
工事前                工事後

 

この現場は、この他 浴室、トイレなど、計5ヵ所取付いたしました。

 

宝工務店 では、住宅改修も得意な設計士さん。

 

ケアマネージャーさんとも太いパイプで繋がっていますので

 

お気軽にご相談くださいませ。

 

〇保険福祉センターの職員が訪問勧誘することはありませんので、

不審な訪問者があったときは、お住まいの区の保険福祉センター

の介護保険の窓口に電話などで確認してください。     (抜粋)

 

 

給付限度額 (大阪市の場合)

所得階層別保険料段階

 

 

 

給付基準額

 

 

 

支給率

 

 

 

段階

 

 

 

対象者

 

 

 

第1段階

 

 

 

生活保護受給世帯

 

 

 

工事費用の内

 

30万円まで

 

 

 

 

 

10/10

 

 

 

支援給付の対象世帯(※)

 

 

 

第1~4段階

 

 

 

市民税非課税世帯

 

 

 

9/10

 

 

 

第5~6段階

 

 

 

対象となる高齢者本人が市民税非課税であるが世帯は課税世帯

 

 

 

工事費用の内

 

5万円まで

 

 

 

 

 

第7~11段階

 

 

 

対象となる高齢者本人が市民税課税

 

 

 

対象外

 

 

 

対象外

 

 

 

※中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)

 

第14条に規定する支援給付の対象者。支援給付決定通知書(写)または本人確認証(写)の提出要

 

 

 

 

ページの上部に戻る

ようこそ宝工務店へ
アクセス
Q & A
新築の家づくり
家ができるまで
施主さまご紹介
記事一覧
リフォームをお考えの方へ
家ができるまで
施主さまご紹介
記事一覧
狭小住宅で土地の最大利用
家ができるまで
施主さまご紹介
記事一覧
施主さまご紹介
新築
リフォーム
狭小住宅
家づくり勉強会